main > LIVE・映画 > AI崩壊 ネタバレ1000%な感想

ネタバレです。

 

ネタバレですよ!!(2回言った)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AI崩壊【電子書籍】[ 浜口倫太郎 ]
価格:501円 (2020/2/4時点)

 

 

 

岩田剛典が犯人なことより、賀来賢人が死んだことの方が衝撃だったわ。

 

 

私自身が叔母の立場だからか、「叔父叔母ポジ」の人間に弱いんだよぅ。

あんな超良い人なのに桐生庇って死ぬとか…とことん良い人だったな……

 

桜庭が真犯人なことは、なんとなく他の方のネタバレなし感想のテンションから察してた笑

もう怪しいの桜庭ぐらいしかいないしね。

でもストレートに桜庭が逮捕されたのは意外でした。逮捕されるのは別の人物で、裏で操ってたのが実は桜庭でした的展開なのかと思ってた。

 

小説版も読んだんですけど、桜庭が命の選別を志したのは、子どものとき唯一自分に普通に話しかけてくれた友達が貧困による一家心中で死んでしまったかららしい。が、それよりも桐生と心に送るビデオレターを何度も撮り直す西村(賀来賢人)が切なすぎた。なんで死んだし(´;ω;`)

 

ラストは映画版の方が好きです。「こんなことも分からないの?」な雰囲気の桜庭で終わるのが。

岩田剛典のリアル人生は絶対リア充寄りだと思うのに、なんでこんなに瞳に光無い役が似合うんだろう。

 

 

これまで見た岩田剛典作品の中で好きなのは

 

  1. 「去年の冬、きみと別れ」
  2. 「シャーロック」
  3. 「AI崩壊」

 

同率3位で「砂の塔」(←脚本じゃなく岩田剛典の演技的に)です。見事な「実は犯人でした」率w

そう考えると、シャーロックも実は若宮が守谷でした展開になってもおかしくなかったのかな。

若宮には幸せになってほしいから、闇落ちしなくてほんとに良かった。

 




Profile

Selected Entry

Archive

Search