main > オタク活動(刀剣乱舞) > 「活撃 刀剣乱舞」先行上映会 ライビュ感想

刀剣育成ゲーム「刀剣乱舞」アニメ化第2段の第1話先行上映会に行ってきました。

 

 

メインの和泉守兼定は好きキャラ上位5位には入るキャラなので楽しみにしてました。

初っぱなの衝撃。

 

うわああああこんのすけが喋ったああああ

 

※こんのすけとは…今までどの媒体でもボイスが付いたことないマスコットキャラ。

後半に審神者(=刀剣たちの主、ゲームではプレイヤー)が顔出し&めっちゃ喋るという驚き展開もあったのに、こんのすけが喋った衝撃の方が大きかったですw

 

OPにはすでに発表されてるキャラ+三日月宗近しか出てこなかったと思うんですけど、、、他のキャラは出ないんだろうか。ゲームでは60キャラくらい出るから、十分の一しか出ないと考えると思い切ってるな(@_@)

 

ちなみに私が好きなキャラは三日月宗近、小狐丸、大包平(cv.友樹さん)あたりです。大包平登場は「刀剣乱舞 花丸」(←別会社制作のアニメ化第1弾)の二期に期待してます(>_<)

 




main > オタク活動(刀剣乱舞) > 刀剣乱舞 絢爛図録 電子書籍版がオススメな件

以前オタク遍歴記でも書いた通り、刀剣育成ゲーム「刀剣乱舞」をプレイ中です。

友樹さんを知ったのもこのゲームからだったりします。

そのゲームの、一年以上前に発売された設定資料集の電子書籍版が3月に発売されました。

 

刀剣乱舞絢爛図録【電子書籍】[ ニトロプラス ]

価格:2,800円
(2017/4/23 11:55時点)
感想(1件)

 

紙媒体の資料集を既に持ってる自分でも「買ってよかった」って思いました。

電子書籍の何が良いって、拡大できる。パソコンでも見れる。これですよ!!

 

まず「拡大できる」について。

キャラデザを担当したイラストレーターさんによっては細かいメモを手書きで書き込まれてるんですが、紙媒体だと字細かすぎて読めません!ってなることがありました。

それが、電子書籍だと拡大してラクラク読むことができます。

 

そして「パソコンでも見れる」について。

私はタブレットを使ってるから元々大きな画面で見れるけど、スマホの人はあの小さな画面で設定資料集見るって結構きついかもしれません。

そういう時、パソコンからアプリにログインすれば大きな画面で見ることができます。

イラスト描く人はパソコンで資料見ながら描けるとかめっちゃ重宝するんじゃないだろうか。

 

あと目次から該当キャラクターのページにジャンプできるのも地味に有り難いですね。

こういう資料集系を電子書籍で買ったの初めてだったんですけど、想像以上に良かったです。

 

ちなみに電子書籍アプリは「honto」を使ってます。

丸善とかの店舗で本買ったときでもポイントを共有できるから好き。

 




Profile

Selected Entry

Archive

Search