main > 副収入 > 【クラウドワークス】2カ月で辞めるまでの記録

2018年5月から2カ月間、在宅ワーク斡旋サイト(?)のクラウドワークスに登録してました。

時給換算すると安いけど、暇で暇でしょうがないときの良い時間潰しにはなりました。

募集案件眺めてるだけでも「これ何のためにやるんだよ!?」ってのが結構あって面白い( *´艸`)こういうので学校の課題他人にやらせてる大学生とか絶対いるだろうな。

 

 

 

1. 月間報酬額

 

クラウドワークスを始めた当初、1ヶ月で3,000円稼ぐのを目標にしてました。

気になる月々の報酬額は…

 

【2018年5月】

 

いきなり目標金額を大幅に上回りました!!

 

ライティングの継続案件を受注できたのが大きかったです。

文字単価を記録するため、ライティング案件の内訳を書いておきます。

 

【ライティング案件 内訳】

《単発》

  • 120円÷1000字=文字単価0.12円
  • 87円÷500字=文字単価0.17円
  • 120円÷600字=文字単価0.20円
  • 216円÷600字=文字単価0.36円
  • 692円÷1500字=文字単価0.46円
  • 692円÷1000字=文字単価0.69円

《継続》

  • 172.8円÷800字=文字単価0.21円×5件

*報酬額は全てシステム使用料を差し引いた金額

 

 

【2018年6月】

 

6月の目標報酬額は6,000円にしてたけど、余裕で突破しました。

 

 

でもここらへんからちょっと頑張りすぎて、途中しんどくなってしまいました。

 

【ライティング案件 内訳】
《単発》

  • 500円÷2,700字=文字単価0.18円
  • 87円÷400字=文字単価0.21円
  • 173円÷800字=文字単価0.21円×4件
  • 260円÷300字=文字単価0.86円×6件

《継続》

  • 108円÷480字=文字単価0.22円×6件
  • 2,000円÷6,000字=文字単価0.33円×2件

*報酬額は全てシステム使用料を差し引いた金額

 

 

2. ライティングが意外と簡単

 

私は長文書くの苦手だからライティングの仕事はできないわ〜って思ってたけど、やってみたら800字くらいなら意外と余裕で書けた。

 

ライティング案件が一番募集多いし、それ以外の単純作業系は単価安いんですよね。

書きやすい分野ならほんと30分ぐらいで書き終わるから、データ入力とかやるよりラク。

なにより、ベッドに寝転びながらスマホでぽちぽちやれば良いのが最高!

 

ちなみにわたしの書きやすかった分野っていうのは、ずばり「婚活」です。

なにせわたしは婚活アプリから結婚相談所まで、ありとあらゆる婚活ツールの利用経験があるので(^_^;)いくらでもネタが出てくるんですよねー

 

 

3. ライティングに便利なツール

 

・Google音声入力

 

これがめちゃくちゃ楽でした。

 

考えながら話すからどうしても空白スペースが入ってしまって後で手直しは必要だけど、それを差し引いても、しゃべった言葉を勝手に文字で入力してくれるのはすごい快適です。

外出先の待ち時間でブログやライティングする時には使えないのが残念(。´Д⊂)

 

 

・コピペチェックツール

 

クラウドワークスに限らず、ライティング案件にコピペは厳禁・・・とはいえ、これコピペじゃなきゃ絶対無理だろ!?って案件もたまにあります。何かの制度について調べるやつとか。

 

そういう時は最初に色々なサイトから文章切り貼りして、コピペチェックツールでコピペ具合を確認しながら手直ししてました。

 

私がよく使っていたコピペチェックツールは【CopyContentDetector】です。

無料なのに操作が簡単。登録も必要なくてすぐにチェック結果が出てきます 。

「こぴらん」っていう別のツールも操作は簡単なんですけど、あまり精度が良くなくて最後の方は使っていませんでした。

 

私の場合、色々なサイトから切り貼りして記事を作成するのに3日、コッペチェックツールで手直しするのに3日かかってました。それぐらいコピペチェックには時間かけてます。一度このコンペチェックをしないで提出したら、時間かけて作成した記事が全て非承認になったのがトラウマで・・・(自業自得)

 

 

4. クラウドワークスを辞めた理由

 

これだけ頑張ってたクラウドワークスですが、結局6月いっぱいで辞めてしまいました。

これまでの報酬を振り込んでもらってアプリも削除。三日坊主ならぬ3ヶ月坊主です。

 

理由は簡単。書くのが面倒くさくなったからです。

 

暑さのせいかブログすら手が回らない状態なのに、自分が書きたいわけでもない文章を何百文字も書くなんて無理な話でした。

 

これで私の在宅で副業計画は頓挫です。残るはETFに賭けるしかありません。

そのETFすら最近サボり気味なんですけどね!

それでもなんとか頑張ってETFで貯金増やして、セミリタイア目指します。

 




main > 副収入 > 【断捨離】2018年 不要品買取 まとめ

市販の洗浄機でたまにジュエリーの手入れをしてるんですけど、数が多いと手入れも大変だし、気に入ってるもの以外は買い取ってもらうことにしました。

 

 

1. リファウンデーションの買い取り結果

 

以前ブランド品買取を依頼した「ブランディア」にしようと思ったらまさかのブランド対象外だったので、代わりに「リファウンデーション」という会社に依頼しました。

気になる買い取り結果は...

 

ブランド物ジュエリー8点で10,601円です!!

 

すごいー安物ばっかりだから1万円超えるとは思ってなかった。

 

 

2. ネットオフの買い取り結果

 

さて残りのノーブランド物はどうしようと思って調べたところ、「ネットオフ」だとノーブランド物でもOKらしい。さっそく買取りを依頼。

 

結果は…

 

ノーブランドジュエリー5点で6,860円でした!!

 

1点あたりの金額で考えたらブランド物より高く買い取られているような。

金はやっぱり価格が上がってるんだなって感じました。10金のやっすいチェーンすら2,500円くらい値がつきましたからね。たぶん購入時の値段より高いです。

 

これでお気に入りの使いやすいジュエリーだけが残ったわけだし、手入れがんばろう。

 

 




main > 副収入 > 30代独身OLのこれまでのWワーク歴

私は生粋のWワーカーで、これまでの社会人経験の中で常に何かしら副業バイトをしてました。

転職するにあたり以前やってたバイトは辞めてしまったのですが、今の仕事が土日暇すぎるので新たにバイトを始めることにしました。

 

2018年は副業元年らしいけど、私なんて2012年からWワークしてますからー!

なんて時代を先取りしてるんだろう。

 

私がWワークするのって、もちろんお金貯めるのが第一目的なんですけど、副業してないと「本業の会社に属してる」感が強くなるのが何より嫌なんですよね(^^;

「この会社以外にも収入源はあるんだ!」と思うことで精神の安定を図ってるというか。

一種の現実逃避でWワークしてます。

 

 

 

1. 社会人になってからやったWワーク一覧

 

  1. 試験監督
  2. 寺の墓掃除
  3. 自販機の売上計算
  4. コンビニレジ(←挫折)
  5. 1人事務(←現在)

 

どうせWワークするならと思って変なバイトばっかやってきましたw

上4つはもう体力的に無理だと思う。

試験監督やレジは立ちっぱなしだし。墓掃除は冬寒くて夏暑いし。(特に夏は石畳に日差しが反射してまず目が焼ける。サングラスして墓地徘徊してました(怪))

自販機のやつはお金運ぶのがめちゃくちゃ重かったです。

今の1人事務が精神的にも体力的にもラクすぎる。出来る限り続けたいです。

 

 

2. 天職の一人事務バイト

 

新しいWワーク先が某事務所のいわゆる一人事務で。めちゃくちゃ気楽です。

7時間くらい働いてるけど、まったく疲れません。

普段どれだけ人間関係のストレスで体力奪われてるかってことですよ・・・

 

人に会わない以外にも良いところがたくさんあります。

 

  1. 家から近い
  2. 定期圏内だから交通費丸儲け
  3. 立ち仕事じゃないから体力温存できる
  4. 休憩時間も給与が発生する
  5. 仕事中YouTubeでもラジオでもなんでも流してOK

 

そもそも週1で土日のみOKって時点でなかなか無いしな。

まじで天職なんじゃないだろうか。

一人事務は孤独だって悩みも世間にはあるらしいけど、理解できないわー

 

 

3. 二カ月で挫折したコンビニバイト

 

ちょっと特殊な施設のコンビニバイトだったんですが、まさかの二カ月で挫折しました。

外部のお客さんが来ないから通常のコンビニよりはラクなんじゃないかと勝手に思ってた。

 

もうほんとに・・・私はコンビニでバイトしてる人を尊敬します。

いまはコンビニでいろんなサービスが受けられるから、時給の割にやること多すぎ。

外国人でコンビニバイトやってる人多いけど、日本人の私すら覚えること多くてパンクしたのに、外国人すごくないか!?

 

私は耳で聞いたことをとっさに行動に出力することが苦手です。

だからコンビニでのコーヒーや軽食作りが特に苦痛でした。

お昼時とか矢継ぎ早に注文言われても、覚えられない、機械の操作方法が出てこない。

こんなどんくさい人間がやっていいバイトじゃなかった。

 

コンビニのレジはめっちゃ頭良くて、それには随分助けられました。

お客さんからよくわからないもの差し出されても、とりあえずスキャン!

そうすればその後の対応はレジが教えてくれるという。

コンビニのレジ開発した人すごいと思う。

 

週1で6時間勤務という相当やる気ないシフト希望でも採用されたあたり、ほんとに小売業は人手不足なんだな〜と実感しました。

 

 




Profile

Selected Entry

Archive

Search