main > ブログ収益(Google AdSense) > 【Googleアドセンス】PINコードの用紙が分かりにくすぎる問題

Google AdSenseでは、収益が1,000円を超えると住所確認のためにPINコードが郵送されます。

期限内に届いたPINコードをアカウントに入力しないと、広告配信を止められます。

 

私もめでたく収益合計が1,000円を超え、PINコードを郵送するよとお知らせメッセージが来ました。

しかし2週間くらい待っても届かず。。。まあ公式サイトに最大4週間くらいかかるって書いてあったしなと思いながら部屋の整理してて、溜まったネットショッピングの納品書とかをシュレッダーにかけてたら、

 

アドセンスからの PINコード書かれたお手紙が まぎれていた・・・

 

アドセンスPINコード

 

もうほんとシュレッダーする5秒前って感じだった!!!!!!!

 

なんせこのお手紙、写真では伝えきれないくらい紙がしょぼいんです(死)

家庭用プリンター用紙の四辺を留めましたってレベル。

これは納品書にまぎれていつ届いたのかも分からなくなるよ!!!

 

さらに恐ろしいことに、右上に英語で「これは国際郵便です」って書かれてるんですけど、まさかこの脆弱な用紙で海を越えてきたというのか!?よく無事で・・・!!

 

とにかくシュレッダー5秒前でアドセンスのアイコンに気付いたおかげで期限内にPINを送信できて、広告配信停止は免れました。

しかしほんとにいつ届いてたんだろ(・・;

 




main > ブログ収益(Google AdSense) > JUGEMでアドセンスの記事内広告を表示させる方法

記事内広告とは、通常の広告と比べて「記事の流れに違和感なく溶け込める」ようになっている素敵な広告のこと(by グーグル先生)

 

せっかくアドセンスに合格したんだから使わない手はないな!!と思ってコードを取得し、記事に貼りつけたとこまではよかったんですが・・・

 

記事を公開した途端、貼りつけたコードの一部が消えました(@_@)

 

A8.netやそれ以外のASPでも広告コードが消えるなんてこと一度もなかったのに何で!?

さすが、さすが使いにくさNo.1(※当社比)のJUGEMだよorz

 

コードが正常ではないので当然記事内広告も表示されません。

そもそもJUGEMでアドセンスやってる人がいなすぎて検索しても解決方法が見つからない。

1週間くらい悩みぬき、もうJUGEMで記事内広告を表示させるのは不可能なんだ・・・って悟りかけた。そのとき!!

 

「シンプルエディター」で記事作成するとコードが消えないという呟きを発見したのです。

JUGEM シンプルエディター

2年以上JUGEM使ってるけどシンプルエディターの存在初めて知りました(死)存在感薄すぎる。

 

シンプルエディターとはHTMLタグを直接入力して記事を作成できるフォームらしいんですけど、リッチエディターのHTMLモードとどう違うんでしょうかJUGEMさん(・・;

そんな存在意義を疑ってしまうシンプルエディターですが、記事内広告を貼りつけるには超超有り難い存在です!!!

使いやすいリッチエディターで普通に記事を作成した後、いったん保存。シンプルエディターで開きなおし、記事内広告のコードを貼りつけて公開すると・・・

 

コードが消えず、記事内広告が表示できましたーー!!!

 

コードが消えなかったときのあの感動(涙)

ありがとうシンプルエディター。無くならないでシンプルエディター。

 




main > ブログ収益(Google AdSense) > 雑記ブログでもアドセンス一発合格!【2019年7月】

審査通過が難しいとされるGoogleアドセンスですが、一発で合格しました!しかもWordPressやはてなブログが主流の中、どマイナーなJUGEMブログでの合格です。

 

■目次

1. アドセンス申請時のブログの状況

2. アドセンス申請前にやったこと

  2-1. 独自ドメイン取得

  2-2. Googleサーチコンソール

  2-3. Googleアナリティクス

  2-4. canonicalタグを追加

    ・JUGEMは独自ドメインと無料ドメインが共存

    ・JUGEMは301リダイレクトが使えない

  2-5. プロフィール作成

  2-6. お問い合わせフォーム作成

  2-7. プライバシーポリシー作成

  2-8. 外部サイトの登録URL変更

3. アドセンス申請時にやらなかったこと

  3-1. 広告を剥がさなかった

  3-2. 動画や画像を剥がさなかった

4. 申請後にやったこと

  4-1. フィードバックからの問い合わせ

  4-2. 不要な記事の統合と削除

5. まとめ
 

 

 

1. アドセンス申請時のブログの状況

 

開設して2年経過

記事数:440

記事の文字数:短め

ジャンル:雑記ブログ

 

私のブログの特徴は開設してから2年も経過して内容薄いゴミ記事が大量生産された後のブログだったってことですね・・・しかもジャンルは審査に通りにくいとされる雑記ブログ。

これでも合格したんだから文字数は関係ないと言いたいところだけど、審査通過時やっていた“ある事”から記事のボリュームはある程度関係する気がする。

 

 

2. アドセンス申請前にやったこと

 

2-1. 独自ドメイン取得

 

同じ運営会社の「ムームードメイン」で良いならJUGEMの管理画面から比較的簡単に取得&設定できます。

 

2-2. Googleサーチコンソール

 

サーチコンソールはブログ開設当初から登録してました。今回は独自ドメイン取得後の新ブログURLを新しく追加したイメージです。

 

2-3. Googleアナリティクス

 

Googleアナリティクスもブログ開設当初から登録してました。こちらは新しくURLを追加するわけではなく、プロパティから登録URLを上書きすることで変更できました。

 

2-4. canonicalタグを追加

 

下記に挙げる2つのJUGEMのクソ仕様が原因で、「この記事はオリジナルです!コピペじゃないです!」とGoogleに主張するために、HTMLに「canonical」タグを追加する必要がありました。全ての記事に追加するのは気が遠くなるので、アクセス数が多い記事にだけ適用。 その原因とは・・・ ・

 

・JUGEMは独自ドメインと無料ドメインが共存

 

JUGEMのクソ使用その1です。普通同じブログサービス内で無料ドメインから独自ドメインに切り替えたら、読者が無料ドメインのURLにアクセスしたとき独自ドメインに自動で飛ぶって思いませんか?ところがどっこい!!(古)JUGEMは一味違います!!

なんとJUGEMは、無料ドメイン「.jugem.jp」と独自ドメイン「.com」が共存します。 つまり、読者はこれまで通り無料ドメインのURLでブログ閲覧ができるのです。

これは読者にとっては良いかもしれないけど、Google的には違うURLで全く同じ内容の記事が2つあるって見做されてブログの評価が下げられちゃうじゃないですか!?はークソ仕様。

 

・JUGEMは301リダイレクトが使えない

 

ブログの移転等で「これはオリジナルの記事です!コピペじゃありません!」と主張する必要があるとき、Googleサーチコンソールにはあらかじめ「アドレス変更ツール」というものが備わっています。これを利用すれば、平穏無事に独自ドメインへの切り替えを行えるはずなんですよ普通は。でもJUGEMは、普通じゃないから・・・

 

このアドレス変更ツール、「301リダイレクト」というものを独自ドメインのサーバーにアップロードする必要があります。それが!!JUGEMでは!!(というかムームーDNSでは)できないんだなあ!!

 

つまりアドレス変更ツールが使えず・・・地道に手動でGoogle様にオリジナル主張する必要があるわけですね。そのためのタグが「canonical」というわけです。

 

2-5. プロフィール作成

 

今まで一行で終わらせてたプロフィールをもう少しまともな内容に書き直しました。

 

2-6. お問い合わせフォーム作成

 

これはGoogleフォームを使って簡単に作成できました。

 

2-7. プライバシーポリシー作成

 

コピペOKなサイトのプライバシーポリシーを参考に作成しました。

 

2-8. 外部サイトの登録URL変更

 

A8.netはまさか全部の広告を新URLで貼りなおさなきゃいけないのかな!?と不安だったんですけど、管理画面からURL変えるだけでこれまでの広告も有効みたいです。

 

 

3. アドセンス申請時にやらなかったこと

 

アドセンス審査合格に有効とされることの中で私がやらなかったこと。

 

3-1. 広告を剥がさなかった

 

というか記事数が多すぎて剥がせなかったんです。申し訳程度にトップに貼ってあったA8.netのバナーやスマホ版のオーバーレイ広告は剥がしたけど、このあと合格を諦めた開き直り期間に広告復活させてから合格通知が来たから、アフィリエイト広告の有無は関係ないと思われる。

 

3-2. 動画や画像を剥がさなかった

 

申請時は著作権多分NGな動画とかも貼ってました。審査通過後に、アカウント剥奪が怖いから著作権侵害動画は下げました。

 

 

4. 申請後にやったこと

 

4-1. フィードバックからの問い合わせ

 

アドセンスのサイトには最大3日以内に結果を送るよって書かれてたのに5日経っても結果が来ないので、アドセンスのフィードバックから進捗について問い合わせました。でも結局結果が来たのはさらに5日経ってからだしこのフィードバックはあまり意味なかった気がする。あともうちょっと問い合わせするの待てばよかったなと思った。私がGoogleの中の人だったら、場合によっては3日以上かかるって注記してるのに5日で催促来たら多分いらっとする(笑)

 

4-2. 不要な記事の統合と削除

 

この作業をやり始めた2日後ぐらいに合格通知が来たので、合格に一番関係あるとすればこれだと思います。

フィードバックの返事が来ない時点で、もう今回の合格は諦めてました。あとGoogleの殿様商売っぷりにも呆れてた(ごめんなさい)

 

次回の再申請に向けてやり始めたのが、ブログ記事の統合と削除。 私は長文書くの苦手だから、一つのテーマで短い記事を何個も作成してたんです。これを統合することで、Googleが推奨する2000文字以上の記事ボリュームにできるのではないかと?考えました。どうやっても統合しようもないゴミ記事は思いきって削除。

 

合格通知が来た後も作業を継続し、440記事あったものを270記事まで統合&削除しました!!

ほんとはもっと減らしたいけど、疲れたからここで休憩。ほんとは常に100記事ぐらいでいたい。そう思ったのはアドセンス以外にも理由があります。

 

今回の作業していてつくづく思ったんです。JUGEMブログの命はそう長くない、と。

こんなクソ仕様オブクソ仕様でこのご時世サービス続くわけがない。だからJUGEMがサービス終了するとき、ブログの移行作業がしやすいように記事数減らしたいっていうのも理由の一つです。とりあえず300記事は超えないよう気を付けます。

 

 

5. まとめ

 

結局合格通知が来たのは申請から9日後でした。でもそれまでも完全に放置されてたわけじゃありません。なぜそれが分かるかというと、アクセス解析でGoogle様からのアクセスログがむっちゃ残ってたから!ちゃんとブログ見に来てくれてたみたいです。 記事のボリューム増やそうと努力してるのを見て合格させてくれたのかな〜?と勝手に推測。

 

私は2年前にもアドセンス審査に挑戦ようとして、申請前にしなければならない事柄の多さに心折れて挑戦を諦めたことがあります。でも今思えば、あの時チャレンジしとけばよかったな〜。そしたらどれだけ稼げてたんだろ。少なくともMULANとかいう謎のASPよりは稼げてたはず。

 

まあ後悔しても時間は巻き戻せないし。これから少しでも収益出せるよう頑張ります!

 

 

   




Profile

Selected Entry

Archive

Search