main > オタク活動(ディーンフジオカ) > 「シャーロック」 円盤特典 特別編ラストのメイキングが本当に感動 #ディーンフジオカ

本放送でも大好きだった、三年後に獅子雄が帰ってくる特別編のラストシーン。このシーンは5分間ノーカットの長回し&膨大の台詞量にも関わらず奇跡の一発OKだったということは知ってたんですけど、そのシーンのメイキング見るとほんとに大変すぎて涙出てきた。

 

ディーンさんも岩田さんも長台詞にめちゃくちゃ苦戦しながらリハしてて、この状態で本番では一発OKってどれだけの緊張感と戦って撮影したんだろうかと。しかもあの長台詞喋りながら動きの確認ってどんな苦行だよ。監督の動きの説明もめっちゃフワッとしてるしw 長台詞喋りながらあの説明を理解して動き覚えて、本番では喋りも動きも同時進行って。30年以上生きてて最大に役者ってすごいって思ったわ。

 

さらにしんどいのは万が一自分が失敗したら他の演者の長台詞までも巻き込むことですよね。ディーンさんがNG出したら岩田さんもあの長台詞もう一回になるわけですよ。途中の蔵之介さんの一言でNG出したらディーンさん岩田さんあの長台詞もう一回ですよ。やばい想像だけでしんどい。役者ってすごい(二回目)

 

最終回直後のトーク番組でディーンさんが、ラストシーンOK出たとき監督もキャストも泣いてたって話してたけど、あの大変なリハを重ねた緊張感の中で一発OK出たらそりゃ泣くわ。見てるだけの私ですら泣いたわ。

 

このラストシーンがあったからこそシャーロックとディーンフジオカに興味を持ち、同じ製作陣のモンテ・クリスト伯を見て役者ディーンフジオカが好きになり、「History In The Making」を聴いてディーンさんの人生尊い状態になったというファン入りの経緯なので、このメイキングが見れて良かったです。

 

切に切に続編希望。その際はぜひもう少しゆとりあるスケジュールで…。話数進むごとにディーンさんが痩せていくのも心配だったけど、何より岩田剛典のスケジュールが鬼すぎて。EXILEと三代目掛け持ちの上にツアーと連ドラって。しかも去年は映画も撮影してたらしくて、一体どこにその隙間があった??オールアップ集で撮影の最後の方は記憶にないぐらい追い込まれてたって話してるのとか、何かの番組でライブ本番中の合間に台詞覚えしてる映像とか見てかわいそうになった。

 

スケジューリングの難しさを踏まえた上での特別編の三年後設定なのかもしれないですけどね。

シーズン2の前にSPか映画もやってほしいなあ。

 

▼関連記事▼

  1. ディーンフジオカに今さら月9でハマり、モンテ・クリスト伯を見る
  2. ディーンフジオカの中国語曲「History In The Making」がめっちゃ良い曲じゃないか!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャーロック Blu-rayBOX【Blu-ray】 [ ディーン・フジオカ ]
価格:23885円(税込、送料無料) (2020/5/9時点)



Comment





   

Profile

Selected Entry

Archive

Search