main > オタク活動(ディーンフジオカ) > 「笑うハナに恋きたる」 ディーンフジオカ当時27歳の美しさと可愛さ

ついに台湾時代のディーンフジオカ作品にまで手を出し始めました。見たのは「笑うハナに恋きたる」。ディーンファンの間でも有名な作品なのでずっと見てみたかったんです。

 

結論から言います。

 

ヒロインが下品なアホの子すぎて何度も挫折しかけたけど、当時27歳のディーンさんの美しさと可愛さでなんとか最終回まで乗り切れた。

 

いやほんとこれ、ヒロイン無理な人が多いと思うんですけど、20話のディーンさん演じるジェイが思い出の小学校でヒロインへの想いを諦めるシーンはかなり感動するからここだけでも見てほしい。いきなり最終回直前だしいきなりヒロインのこと諦めてるけどwなんでジェイがヒロインのことこんなに好きか1ミリも理解できない私でも感動したから!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

笑うハナに恋きたる 第20話 思えば思い通じる【動画配信】
価格:216円(税込、送料無料) (2020/4/20時点)

 

登場人物の構造がまんま「花より男子」なので花男で例えると、ディーンさん演じるジェイは花沢類ポジションなんですよね。少女漫画にありがちな、なぜか都合よくヒロインを一途に思ってくれるイケメン御曹司(^_^;)ディーンさんの「美形」「上品」「基本スーツ」属性は国を問わないんだな。

 

ジェイと婚約者の関係がお互い恋愛感情なくさばさばしてるのが好きだったのに、実は婚約者側はめっちゃジェイのこと好きだったっていうのが地味にショックでした。さらにジェイ側は婚約者のことあれだけアウトオブ眼中だったのに、最終回で結局この二人くっつくんかい!!っていうのが最大のツッコミどころでしたね。ま、まあヒロイン諦めてから2年経ってるしね…意識不明のジェイのこと一生懸命看病してたし…

 

▼関連記事▼

 



Comment





   

Profile

Selected Entry

Archive

Search