main > オタク活動(ディーンフジオカ) > #ディーンフジオカ 映画『記憶にございません!』が驚異的な顔の良さ

やばい、このままだと年内最後の記事がディーンフジオカで埋まるw

それでも書いておきたいくらい『記憶にございません!』のディーンフジオカの顔がここ数年一番の出来ってぐらい良かった。二時間かけて映画館行った甲斐あった!!

 

 

 

1. 「記憶にございません!」感想

 

映画自体は、面白いけど映画でやるほどの話なんだろうかって感じだったけど、とにかくディーンフジオカの顔面と衣装が完璧だった。井坂が改心するシーンでスクリーンいっぱいにディーンフジオカの顔が映るんですけど、瞬きするたび睫毛ばっさばさ!!肌白!!って感動しました。

 

この間から顔のことしか書いてない気がして恐縮です。声も演技も好きなんですよいやほんとに。特にモンテ・クリスト伯は良かった。それでもあれだけ顔立ちが整ってれば、もうそれも一つの才能だから(開き直り)。40歳手前であの顔面とスタイルをキープしてるのは絶対ご本人の努力も多大にあると思う・・・!

 

 

2. この数週間で見たディーンフジオカ作品の感想

 

「シャーロック」と「モンテ・クリスト伯」の感想はこちらで。

 

2-1. 結婚

 

結婚詐欺師の役。なんかディーンさんって顔立ちが端正すぎて出来る役限られるのが損だなって思う。普通のサラリーマン役とか絶対無理じゃないですか(^o^;)

 

2-2. 空飛ぶタイヤ

 

私これテレビ放映時見てたんですけど、ディーンさんが出てたことすら気づいてなかったwどんだけ今までディーンさんに興味なかったのww

これはエリートとはいえサラリーマンの役だったけど、絶対こんな3ピース着こなすサラリーマンいないわ。

 

2-3. IQ246

 

格闘スイッチ入るたびにいちいち眼鏡外すのが笑えた。なぜ着メロジャッキー!?ディーンさんだからなのか!?ビジュアル的には一番「記憶にございません」に近い。眼鏡萌え。

 

2-4. レ・ミゼラブル 終わりなき旅路

 

半分ぐらい見たところで私の中の「悲劇アレルギー」が反応して最後まで見ることが出来ませんでした…絶対最後救われないやつじゃないですかこれ…レ・ミゼラブルだから当たり前だけど…。

年取ってからハッピーエンドしか受け付けない体になってしまった。

少年時代が吉沢亮で青年時代がディーンさんというとんでもない美形バルジャンでした。

 

引き続き新年もディーンさんの作品を見まくる予定!

 

 



Comment





   

Profile

Selected Entry

Archive

Search