main > LIVE・映画 > ラブ・ネバー・ダイ ※マダム・ジリー好きの感想

ミュージカル『オペラ座の怪人』の続編『ラブ・ネバー・ダイ』観てきました。

私、舞台版でも映画版でも『オペラ座の怪人』で一番好きなのマダム・ジリーだったんです。

だから、一幕終わった時点で絶望しかありませんでした。

 

まさかのジリー母娘、闇落ち。

 

もうこれ絶対マダムがラスボスになる流れじゃん〜〜ってショックでした。

実際のラスボスはメグだったけど。

 

「あなたに尽くしたこの10年」ってマダム言ってたけど、ほんとだよファントム。

映画版で考えれば、マダムが尽くしたの10年どころじゃないですしね。数十年は尽くしてるはず。もうちょっとファントムが、愛情じゃないにしてもマダムを信頼してる描写があったら報われたのになあ。

 

そんなジリー好きな私なので、ラストも「これで終わりかよ!?」って突っ込まずにはいられませんでした。「クリスティーヌとは違う」っていうメグの地雷を踏み抜いたあげく、発狂メグを放置ENDって・・・

そんなんだからクリスティーヌを失ったファントムにも全然同情できなかったです(^^;

 

Wキャストは石丸幹二ファントムと平原綾香クリスティーヌコンビ。

平原綾香がめっっっちゃ歌上手くてびびりました。

クリスティーヌのソロが難曲すぎて笑う(笑)歌上手い人じゃないとできないですね。

 

随所で『オペラ座の怪人』の曲のフレーズが出てくるので、昔オペラ座の怪人を見たって人は一回曲を復習してから行くとさらに楽しめると思います。

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://rionocarnival.com/trackback/376

Profile

Selected Entry

Archive

Search