main > オタク活動(サンファン) > Thunderbolt Fantasy 生死一劍 舞台挨拶 ライビュ #サンファン

Thunderbolt Fantasyってなんぞ?って方はこちらの記事をどうぞ。

とにかくストーリーが秀逸なこの作品、ついに劇場版公開です。

劇場版は前半がすでに外伝小説として発売済の「殺無生編」、後半が完全書き下ろしの「殤不患編」という二部構成でした。

 

 

■前半:「殺無生編」

「殺無生編」ストーリーの極悪非道さは原作の感想をご覧ください。

でもラストの凜のモノローグがなかったからか、凜の病んでる感は原作より薄かったです。

あと個人的に残酷すぎて好きだった台詞(原作の感想↑で「キツすぎる台詞ランキング」に挙げてるやつ)がどれも出てこなかったのはちょっと残念でした。

 

■後半:「殤不患編」

 

殤不患の男前っぷりに心底救われた。

 

無生編だけだとあまりに後味悪いから急遽殤編を作ったらしいけど、大正解ですよ。

まるで自分のことのように1期の武勇伝を語っていくニセ殤不患。

でもラスボスが全然違って、思わず本物殤も「誰!?」って突っ込むおもしろ展開w

終盤は殤のかっこいい戦闘シーンとニセ殤不患がなんでそんなことしたのかが語られ、べつに偽物やっててもいいよって言う殤がほんとーーーにかっこよかったです。

 

そしてラストには、二期に繋がる新キャラが続々登場!

どうやらみんな殤のことを追っている西幽のキャラのようでした。

帝にまで終われてるらしい。西幽で殤がなにをやってしまったのかが二期で語られるのかな。

中ボスっぽいメガネキャラのCVが好きな声優の新垣樽助さんでテンション上がったーー!!

 

舞台挨拶も楽しかったけど、感想は割愛します(ぇ)

Dies Irae見てる関係で個人的に熱い鳥海さん&諏訪部さんコンビが見れて嬉しかったです。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://rionocarnival.com/trackback/217

Profile

Selected Entry

Archive

Search